スマホサイト作成

スマホに最適化されたホームページが必要な3つの理由。

理由その1:パソコンからのアクセスよりスマホ端末からのアクセスの方が多い!

下のグラフを御覧ください。これはADM Japanで管理をさせていただいている御客様の中からランダムに15サイトを選び、ホームページへのアクセスがパソコン端末からなのか、スマホなどモバイルからなのか、の割合(の平均値)をグラフにしたものです。
ご覧の通り、約7割の方がスマホなどのモバイル端末からホームページを閲覧しているのです。

理由その2:SEO的に不利になる!

ホームページをスマートフォンで閲覧しやすいように最適化されていることを「モバイルフレンドリー」といいます。
Googleは2015年より、スマートフォンに最適化された「モバイルフレンドリー」のサイトを、されていないサイトに比べ高評価するアルゴリズムにしています。つまり、モバイルフレンドリーなサイトの方が検索順位が有利になるということなのです。

 

理由その3:ユーザフレンドリーでないWebサイトはそもそもNG !

これだけスマートフォンユーザが増え、検索やホームページの閲覧をスマートフォンで行うようになったのに、実際のホームページを見ると、いまだにPC専用のサイトを見させられるのはどうでしょうか?いちいち2本の指で画面を広げて見て、また縮めてスクロールしたりスワイプしたり、そのようなページはすぐに御客様が離脱してしまいます。

ずばり!レスポンシブで最適化をオススメします!

レスポンシブとは

レスポンシブとは、閲覧される端末(PC、タブレット、スマホ)の画面サイズに応じて、ホームページのサイズやレイアウトも最適化される仕組みのことをいいます。スマホでアクセスしたら自動的にスマホに最適化されたサイトが表示されます。レスポンシブ化されていないサイトだと、PCで見る画面がそのまま小さくなってスマホに表示されるため大変見にくいです。

レスポンシブ化することの3つのメリット

その1.閲覧者の滞在時間が増える

PC用のホームページをスマホで見た場合、文字も画像も小さすぎて見にくい、という経験をしたことがありませんか?いちいち人差し指と親指で拡大してみたりしますよね。スマホに最適化されているページは文字サイズも画像サイズも最適化されているのでいちいち指で拡大する必要がありません。結局ユーザフレンドリーになりユーザの滞在時間が伸びるのです。

その2.アクセスが分散せずに、結果的にSEOにも有利

PC用のサイトとスマホ用のサイトを分けると、アクセスがそれぞれのサイトに分散することになります。Googleもこのやり方は推奨しておりません。レスポンシブ化させることによりアクセスが分散せずに結果的にもSEOに有利になるのです。

その3.とにかく更新が楽!

PC用のサイトとスマホ用のサイトを分けていると、ページを更新するときに常に2つのサイトを書き換える必要があり大変です。レスポンシブ化すれば1つのサイトを更新するだけでよいので更新の手間が半分になります。これはとても大きなことです。

今お持ちのあなたのホームページをレスポンシブ化いたします

他社様作成のホームページでもレスポンシブ化いたします。遠慮なくお問合わせください。

スマホ最適化費用
・TOPページ(A4で2ページ相当分の場合) 150,000円
・下層ページ(A4で1ページ相当の場合) 15,000円
(価格例)個人事業者・小規模店舗様の場合

TOPページ(A4が2ページ相当)と下層ページ8ページの場合のレスポンシブ化作業費用

・TOPページ(A4で2ページ相当分の場合) 150,000円
・下層ページ(A4で1ページ相当の場合) 15,000円X8 120,000円
 合 計 270,000円

*表示価格は税別になります。